君もアントレプレナー

www.tajmahaltours-india.com

速読ができなくても本を効率よく読むこつ


何かについて、情報を得たいと思ったとき、
NETで検索したり、本を読んで調べたりする事が多いと思いますが、

苦労して読んで、、その時は分かったものの、
あまり記憶に残っていない、そんな経験はありませんか?

私自身も過去に、いろいろと調べる事が多過ぎて、
でも結果的にほとんど覚えて無かった経験があります。

読む事に時間を割いただけで何にもならなかった、

そんな失敗を繰り返さない様に
いろいろやって編み出した
読書法があるのですが、

今日はその読書法をお伝えしたいと思います。

そもそも、

小説であれば、内容を楽しむのが目的なので、

ほとんど考えずに、読み進めるだけで良いのですが、
ビジネスを進める上で調べたり、覚えたりしなければならない場合、

「その本から、何を得たいのか」

という目的がはっきりしていないと、
大事な点が全然記憶に残らない、

そんな現象が起きる事が有ります。

では、どんなやり方をすれば、

本から得られる情報をしっかり吸収できるようになるのか、

ポイントは、

『一度にいくつもの情報を
得ようとしないこと』

です。

実は1冊の本の中には、とても一回読んだだけでは
吸収しきれない、かなりの情報量が含まれています。

(内容がびっくりするくらい、
薄っぺらいものも
たくさんありますが・・・)

目次に書かれている項目の数だけ
情報が含まれていると考えると
分かると思いますが、

それを一度に全部、自分の体に
落とし込もうとするのは、
本当に難しいし、あまりお勧めしません。

下手すると、読む事自体が目的化してしまい、
単に時間を浪費しただけ、

そんなことになってしまいます。

それよりも、

同じ読書の時間を使うなら、
どうやったら効率よく情報を吸収
できるかを考えた方が良いです。

そこでお勧めなのは、

『ポストイットに、その本から得たい内容と
目的を書いて、本に貼っておく』

というやり方です。

こうすることで、その本から得る目的を
忘れないようにできますし、

なによりも思考があっちへ行ったり、
こっちへ行ったりと、ブレなくなります。

ここで重要なのは、

いくつも書き出すのではなく、
得たい内容は一つに絞っておく
ということ。

情報を一気に吸い上げようとして
訳が分からなくなるよりも、

自分が処理できる範囲で
少しずつ体に落とし込んで行くことを
心がけた方が、

結果として早く身に付きます。

もっとその本から情報を得たいなら、
一度でいろんな情報を得ようとするより、

お伝えしたやり方を、
何度も繰り返す方が良いです。

一度読んでいるので、
内容を既に把握しているため、

二回目以降は、1回目よりももっと早く
読み終える事も可能になります。

一見すると手間がかかる様な
やり方なのですが、

結果的に情報を効率よく
吸収出来るようになりますので、

慣れない速読の方法を習得しようと
するよりは、お勧めの方法です。